トップ

マンション経営の資格

マンション経営、何から勉強すべき

特別な資格や許認可は必要ない

先の見えない今の世の中において、マンションを所有して経営を行い、オーナーとして生活するのは賢い選択のひとつだと言えるでしょう。マンションの経営を始めたいと思っている方は、まず一体どのような知識を身に着けるべきなのでしょうか。

基本的に、アパートやマンションを経営する際に必須の資格や許認可といった類のものはありませんので、不動産を購入して入居者を集めることさえできれば、どんな方であってもマンション経営者になることができます。マンション経営について詳しく知りたいならこちら。

ただもちろん、不動産を購入する際には保険等の契約は必要になりますので、そういった部分における手続きは行わなければなりません。また、マンションを維持して、入居者に長く住んでもらうためには、法定の定期点検に加えて自主的な点検等も行っていかなければなりませんね。

このように、法律上義務付けられていることに関しての知識は、マンションを経営していくうえで必ず入れておかなければなりませんから、資格は必要ないとはいえ、やはり一定以上の勉強は必ず行わなければならないでしょう。

さらに、経営を行っていくにあたっては、不動産自体に関する知識も必要になってきます。マンション経営は素人でもできるものであるために、そこに目を付けた悪徳な仲介業者などとトラブルになってしまい、結果的に詐欺などの被害者になってしまう可能性もゼロではありません。

そういった仲介業者等から自分の財産、そして自分の身を守るためにも、正しい不動産知識を得ることは必須だと言えるでしょう。また、不動産関連の知識を得て自分で確定申告等が出来るようになると、税金の面でも節税を行うことができますので、より収益を上げやすくなるという利点もあります。